2馬力船購入検討 ボート、エンジンのおすすめ調査

小型ボート 未分類

アングラーの増加でショアフィッシング困難 しまなみ海道沿いのナイトアングラーとしては、アングラーが増え夜の釣り場がかなり選択肢がなくなってしまっています。上級者から初心者までたくさん来島され、魚やイカはスレてしまって、なかなか口を使ってくれません。 新たな釣り場を開拓するにも島の面積は限られ、険しい道や崖を降りていくところはイノシシの恐怖で昔のように降りられません。 そこで、かねてから気になっていた

2馬力船購入!!

を検討しています。 時々遊漁船や、友人の船に乗船することはあったのですが、短気アングラーとしては短い時間で自分の好きな釣り方をしたい。しかし、船舶免許がなく、船を維持するには金がかなりかかります(停泊料、検査料)。そこで検討したのが2馬力ボートです。

2馬力船のメリット

2馬力船は船舶免許なしで運転でき、検査もなく2人ほどで持ち運べる軽さ好きな場所から出港でき、軽トラや車の上に載せることも可能です。船の盗難等も最近よく聞かれますので、自宅に庭に置いたりエンジンだけ持ち帰ることで安心できます。台風などのたびに港に船をチェックしに行く必要もありません。

今回検討した内容は、自分のフィッシングスタイルに合うかと、しまなみ海道の川のように流れる海で、2馬力のパワーで進むことができるのか?燃費性能や安全性はあるのか?などを調べて自分に合いそうな船を探しました。

まずはフィッシングスタイルですが、しまなみ海道沿いの橋の下などで、鯛ラバティップランボートエギングボートメバリングボートシーバスがしたい、夏だけでなくオールシーズンしたい(濡れない)。という理由で、FRPボート、プラスティックボートが最適であると考えました。シーカヤックでは、濡れる可能性があるし、ゴムボートは針刺しの恐怖があります。一人で行くのはなんか怖いし、2人から3人乗れるものがいいと思いました。

推進力と燃費性能と安全性

以上のことを調べるために、しまなみ海道沿いで2馬力船を運用している方数名に調査を実施しました。まずは、

推進力

しまなみ海道の島々の近くの海は潮の満ち引きによって、川のように流れます。特に幅の狭い橋の間などは激流です。そんな中でも2馬力エンジンで岸に帰ってこれないということはないようです。1人乗船だと、船首があがってしまうそうで2人ぐらいの乗船が調子が良いとのことです。

燃費性能

燃費は2馬力エンジンはほとんどが1Lのガソリンタンクですが、1Lで十分で1日乗ってもプラス1Lぐらいで遊べるようです。1日遊んで百数十円で遊べるとは、なんと良い趣味ではないでしょうか?

安全性

安全性は横波とほかのボートからの視認性の悪さには気を付ける必要があるようです。横波は受けないような操船技術が手に入るまでは湾内での釣りを楽しむほうが良いようです。また視認性に対する対応は旗を付けたりして対応しているようです。

ボート検討

常時停船する場合は最大サイズ11ft(333cm)登録長3m未満の最大サイズが安定し、ボートエギング等で立って乗船することができます。常時停船でする場合はダブルデッキ使用でかなりの重量になります。

私は、二人で乗ることと車の上に載せて好きな場所から出港したいため、9ft程度(240cm)の船にししたいです。某youtuber等の使用で爆発的に人気が出て、しまなみ海道でもよくみられるようになったものが良いかと考えています。近くまで配送もしていただけます。

2馬力エンジン検討

エンジンは2馬力ボート所有者がみんなこれしかないと言っています。

ホンダは2馬力エンジンで唯一空冷エンジンで、使用後のお手入れが簡単になっています。トランサムはSタイプが上記のボートには適合します。

お小遣い貯めたら買える値段ですので、購入して出船したらまた報告します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました