安くてきれいに撮れるアクションカメラがほしい!!

よくテレビやyoutubeなどの動画配信サービスで見られる
まるで目で見ているような視点で映し出される映像やスポーツ中の映像が臨場感満載で映し出されるのをよく目にします。
ヘルメットや車などに取り付けられたり、ダイビングなどの水中映像などにもよく使われている
アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)を
日常のスポーツの記録や、ドライブや釣りの水中映像などを保存してみたい気持ちにかられ強く購買意欲が湧きました。
まず、有名なものとしてGoProがすぐに頭に浮かび調べると最新版のHERO6でおよそ4万円越えでした。

軽い気持ちでは手を出せれる価格ではないので、他のものを検索しました。
すると、3,000円から50,000円とかなりの価格幅があることがわかりました。
どれを買えばいいのか見当もつかなかったため、
アクションカメラの機能を調べ自分に合うやつを探しました。
まずなるべく綺麗に撮れるのがいいなぁと思い

解像度

解像度が4K(それを映し出せるテレビを持っていません)に決定。

画角

次に画角です。
スポーツの動画を撮るときにかなり近くに寄ったり、部屋の中でも使用することを考えたため
広角にとれる170°の画角に決定。

連続撮影時間

次に連続撮影時間ですが
連続で1時間以上いままでビデオを回したことがないし、アクションカメラはものによっては、モバイルバッテリーで充電しながら撮影できるものもあることが分かったので、
1時間以上の連続撮影ができるものと外部から電源を取りながら撮影できるものに決定。
次に私には絶対に必要な機能として手ぶれ補正です。
旅行中の動画やスポーツやフィッシングで使う予定なので、カメラが揺れていてもきれいに取れる必要があります。
あとはスマートフォンから撮った動画や画像を見れたら便利だと思ったので、wi-fi接続できるものに決定。
よし!!
この機能で選ぶぞと決めて調べていくと
アクションカメラにはSoc(System-on-a-chip)という
脳みその部分が大事であることにたどり着きました。
4Kなどの高解像度のカメラでもSoCのレベルが低いとぼけた画像のようになることがわかりました。
同じ4Kでもかなりの価格差があるのがこのSoCが一つの原因であることも分かりました。
ということでGoProがHERO5まで使用していたambarella社のSoCを搭載しているアクションカメラにすることにしました。
日本などの有名メーカーであるとambarella社のチップを使用していると高額になり手を出しにくい価格になるので、
中華のガジェットで検索すると条件を満たすアクションカメラを発見することができました。
hawkeye firefly 8sです。

amazonでは15,000円程度で購入可能です。
GoPro HERO5を二つ買ってもおつりがくる値段で購入することができ、付属品に防水ケースやストラップ・取付用マウントなどがついてきます。
本体に三脚用のねじ穴もついており、追加で購入すべきものがありません。
画角は170°の広角と90°の2タイプが選べます。
屋内での撮影をする機会がある場合は170°の方がおすすめです。
実際に使用してよかった点として、
fps(フレームレート)が30から240まで選択でき、スポーツのフォームチェック等をスーパースローで確認することができます。
困った点は、高画質が取りたいと思っていて矛盾するのですが、4Kで撮影するとかなりの容量を取られてしまうことです。
現時点で、4K再生できるテレビやモニターを持っていないのでHD画質で保存するようにしています。
firefly専用のアプリが出ていて、スマートフォンやiphoneで録画できたり、すぐに確認できたり、ダウンロードできたりします。
それでも画質はかなりきれいで5年前に買ったハンディカメラよりきれいなのではないかと疑ってしまうほどです。
中国の電化製品メーカーの進化は恐ろしい。
私のおすすめの使用方法は、ゴリラポッドのようなくねくね3脚でいろいろなところに固定してiphoneで画面を確認して撮影するのが、狭い場所でも使えるので多用しています。

また、エギなどの水中映像等撮ったら動画をアップしてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました