シーバスおすすめルアー トップウォーター編

滑りやすい シーバス

シーバスフィッシングでの、おすすめのルアーを紹介していきたいと思います。
今回はトップウォーター編です。おすすめトップウォーターの選び方と使い方を紹介していきます。

目次

1.トップウォーターとは?? 特徴と使い方
2.おすすめトップウォーターと使い方
①シーバストップゲームを広めた定番ペンシル
②チヌとシーバスに音でアピールするポッパー
③スプラッシャー
④ブラックバスのタックルにしまってあるかもMEGABASS
⑤しまなみ海道・瀬戸内海爆釣おすすめトップウォーター

トップウォーターとは、

トップウォーターとは、
水面もしくは極めて水面に近いところを泳ぐタイプのルアーで、水の波紋や音でアピールし、ロッドの動きに合わせてアクションします。
ほとんど水面だけを泳ぐものですが、プラグによっては水面から少しだけ潜るものもあります。
トップウォーターでシーバスを狙うと、水面を飛び出してルアーに食らいつくシーバスの姿が見られるサイトフィッシングが楽しめ興奮度の高い釣りです。
デイゲームで偏光サングラスを着けていると後ろからチェイスしてくる姿が見えたり、喰いそうで喰わない姿が見えたりなど、ドキドキ興奮する釣り方です。
難易度が高いと言われているが時期や状況によってはトップウォーターにしか反応しない状況もあるので大量にとは言わないですが1つはタックルボックスに入れておきたいルアーです。
はじめにトップウォータープラグを使ってシーバスの活性を上げるために使う方法もありますが、上級者向けで、逆にシーバスに警戒されてスレてしまう場合もあるのであまりお勧めしません。
トップウォーターには、ペンシルベイト・スプラッシャー・ポッパーの3つの種類があります。
ペンシルベイトはトゥイッチアクションで水面をくねくねと動きアピールします。
ポッパーはロッドのアクションに合わせてポコッと音を立ててアピールします。
スプラッシャーは水しぶきを立ててアピールします。
それぞれおすすめの使い方がありますのでおすすめルアーのところで紹介します。

おすすめの時期と時間

春から秋にかけての暖かい時期は、シーバスは表層を意識しており、表層を泳ぐベイトであるボラの子供(イナッコ)やコノシロが多くみられる夏から秋やイワシが入ってくる時期がおすすめです。
時間帯は、朝マズメに反応が良いです。
シーバスは完全に明るくなる前に必死に捕食しているので活性が高くなります。
夏場は水温が下がって、シーバスが動きやすい時間帯でもあるので、夏場の朝マズメは特におすすめです。
風が強く吹いてしまうと、トップウォーターの波紋が立ちにくくアピールが弱くなってしまうので、風が弱いときのほうがより良いです。

場所(ポイント)

トップウォーターを使用するポイントは、ベイトが水面から表層を泳いでいるような所でシーバスが水面を意識しボイルが発生しているようなときは効果てきめんです。
また河口や潮の満ち引きで水が動いているシャローエリアがベストです。
河口エリアなどベイトが入れ替わるところなどが理想です。

こんなところはイナッコが入りやすく朝マズメに爆釣するときがあります。
水深が1mでもシーバスは入ってきますので、干潮などで少しでも水位がある所を狙うのが良いです。
稚アユを捕食している春等は河川やかなり上流域でも効果があります。

釣り方 使い方

まずはキャストですが、着水後に着水時の波紋が消えるまで待ちます。
待つというか、着水音で喰いに来るシーバスがいるのですぐに動かしてしまうと水面で待っていて動きを追いかけて捕食しない時のシーバスは反応しません。とりあえず喰わせのタイミングを与えます。
着水後の反応がなければ徐々に着水後すぐに動かしてかまいません。
キャスト後のトップウォーターの使い方は、傷ついて水面を動く小魚や、水面を泳ぐイナッコをイメージし動かします。
傷ついて水面を動く小魚を演出するときは、ティップでちょこちょこ動かしたり時々止めたりして弱って逃げる魚をイメージして、シーバスに喰わせるタイミングを与えます。時々アクションを止めてあげることで喰わせの間ができただ動かしているだけよりバイトが誘発できる場合が多いです。
イナッコやイワシなどを活発に捕食している状況の時は、小刻みにトゥイッチを入れてアクションさせたり早めのリトリーブスピードが有効な場合があります。
トップウォータープラグを使う場面は、エサとなる小魚が水面下~表層を泳いでいて、シーバスが小魚が群れている水面を意識している状況、あるいは水面下の小魚を追い回してボイルが発生しているような状況で使うことが多いです。
時期的に春から秋にかけてがトップウォータープラグで釣りやすい状況になりやすく、真冬で水温が低かったり赤潮などで潮が悪い時期は魚が水面下に出てくることが少ないためトップウォータープラグの出番は少ないです。
基本的にシーバスはペンシルベイトがおススメですがチヌが混ざっているときなど、ポッパーなどを使うタイミングがあるのでシチュエーションに合わせて使い分けることをオススメします。

2.おすすめトップウォーター

①シーバストップゲームを広めた定番ペンシル

ima (アムズデザイン) プガチョフコブラ PUGACHEV’S COBRA

河口近くには夏場に多くのイナッコが潮の満ち引きに合わせて群れをなして上ったり下ったりすることが観察されます。
シーバスがその群れにボコボコボイルを繰り返しているのを日が昇る前に見ることができます。
様々なトップウォーターに反応するがなかなかシーバスをかけることが困難です。
プガチョフコブラはプラグのほとんどが水面に沈みフッキングしやすい設計になっているので、かかりやすいです。
またティップを動かすだけでくねくねと小気味よく動きアピール力が強く使いやすいです。
サイズは60mmと90mmが用意されており、イナッコのサイズに合わせて変更することが可能です。

②チヌとシーバスに音でアピールするポッパー

ima (アムズデザイン) エアーコブラ(AIRACOBRA)

チヌ専用設計で作られていますがソルト用トップウォーターでペンシルではアピール不足の時に反応が良いです。
ポップ音も大きく少し風があり波紋ができにくい中でもアピールすることができます。
imaはトップゲームに特化したルアーを多く出していて性能もよく多く利用しています。
さらにデザインも独特でかわいくいろいろなカラーを収集したくなってしまいます。
sasukeシリーズはかなりのカラーを揃えています。

③スプラッシャー

色々なメーカーで出ていますが機能的にはペンシルやポッパーで代用が利きますので私はあまり使用しません。
※あくまで個人的な意見です。※

④ブラックバスのタックルにしまってあるかもMEGABASSトップ

シーバストップゲームに淡水のブラックバス用のトップウォータープラグで代用できるものがあります。
過去にブラックバスをしていたり、ブラックバス釣りもする方はタックルボックスの中に眠っているのではないでしょうか?
ポッパー
MEGABASS(メガバス)POP X(ポップエックス)

ペンシル
MEGABASS(メガバス)DOG X(ドッグエックス)

ブラックバスではかなり評判の高いこのメガバストップウォーターはシーバスにもかなり好反応です。
シーバスとブラックバスが混ざるような河川では、両刀使いとして役立ってくれると思います。
基本的にはブラックバスを釣る釣り方と同じですが、PEラインでは飛距離が出ますので広範囲探ることが可能です。

⑤しまなみ海道・瀬戸内海爆釣おすすめトップウォーター

しまなみ海道でのトップウォーターベイトパターンはイナッコがメインとなってきます。
プガチョフコブラのボラカラーは見た目もボラに近くいい反応を示しますのでおすすめしたいです。

トップウォーターはシーバスゲームでは毎回使用するような高頻度のルアーではありませんが、夏場の朝マズメなどにボコボコ出るボイルなどに遭遇した時にぜひ一つは持っていたほうがいいと思います。
特に夏場にまれに発生するショアから届く範囲でヤズなどの青物がナブラを打つことがあります。
しまなみ海道では伯方島周辺や因島重井方向などで時々見られます。
そんな時は大型のペンシルベイトは遠投にも向いておりまさかの大物をゲットするチャンスでもありますので、タックルボックスに1つ忍ばせておくのもありだと思います。
ここまでトップウォーターのおすすめを紹介しましたが、あくまでの個人の意見ですので、参考にしてもらえると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました