シーバスおすすめルアー シンキングペンシル編

シーバス

シーバスおすすめルアー シンキングペンシル編
シーバスフィッシングでの、おすすめのルアーを紹介していきたいと思います。
今回はシンキングペンシル編です。シチュエーション別おすすめシンキングペンシルの選び方と使い方を紹介していきます。

目次
1.シンキングペンシルとは?? 特徴と使い方
2.シチュエーション別おすすめシンキングペンシルと使い方
①定番シンキングペンシル
②ベイトがサヨリのサヨリパターン
③ベイトがイカのイカパターン
④表層で反応がない時
⑤バチ抜けパターン
⑥しまなみ海道・瀬戸内海爆釣おすすめシンキングペンシル

1.シンキングペンシル(通称シンペン)とは、
ルアー(疑似餌)には色々な種類があります。
その中でシンキングペンシルは細長い棒状のルアーで水中では巻かないとゆらゆらと沈み、巻くことで左右にゆらゆらと揺れるように動くルアーです。
細長い棒状のルアーであるために水中で水の抵抗が少ないため、巻くスピードに合わせてレンジを変えることができます。
また、ロッドを立ててリトリーブをすれば、水面直下を通すことができ、ロッドを下げたりカウントダウンを入れる事でレンジをコントロールでき多彩な演出できます。
しかし軽めのシンペンは軽いため沈めても巻き始めると表層に浮かんできます。
流れの中でミノーなどで水の抵抗を受けすぎて沈んでしまい表層などを狙えない時に抵抗が少ないため表層を引くことができます。
基本的にはただ巻きでOKで早巻きから超デッドスローリトリーブでもしっかり泳ぎます。
トゥイッチなどのアクションを加えると水平移動したりとデイゲームでのリアクションバイトを狙った釣りもできます。
キャストではその形状から空気抵抗が少なくミノーなどと比べて遠投が可能なルアーです。
ナイトゲームではミノーはアピールが強すぎてスレたシーバスなどは反応しない場合があるので、自然なアクションでシーバスを誘います。
様々なシーンで使うタイミングがあるのでシチュエーションに合わせて使い分けることをオススメします。

2.シチュエーション別おすすめシンキングペンシルの選び方

①シーバスが表層を意識してトップでは食わない時・定番シンキングペンシル

ラッキークラフト(LUCKY CRAFT) ワンダー

by カエレバ

シーバスゲームでのシンキングペンシルの使用を定番付けた有名なルアーです。
キャスト飛距離とナチュラルなローリングアクションが、バチ抜けや湾奥、河川など場所を選ばず1年中使用することができます。
ゆらゆらと沈むフォールアクションがバイトを誘います。
サイズが45mm,60mm,80mm,95mmと4タイプ用意されており、とりあえずの1本は80mmがいろいろなパターンで使用しやすくおすすめです。
カラーは40種類程度も用意されており、選択に迷ってしまいそうですが、とりあえずはアピールタイプとナチュラルタイプがあればデイゲームでもナイトゲームでも使用できると思います。

②ベイトがサヨリのサヨリパターン

シーバスのベイトがサヨリであるときは食わせるのが難しいと言われています。
サヨリパターンは夏の終わりから冬手前まで活発になり、群れの中にシーバスが張り付いています。
通常のシンペンはフォール姿勢を維持するためにルアー後ろ側が重たく、水面では後ろが下がった状態になっていますが、
その状態ではサヨリを食べているシーバスは口を使ってくれません。
水中での姿勢がまっすぐな水平姿勢のシンキングペンシルを選択することで全く違う反応を見せバイトが増えます。
使い方はストップ&ゴーでリトリーブを止めて食わせのタイミングを演出するか、あまり巻かずにトゥイッチを入れて止めることでバイトしてきます。
基本的に動きが止まっている状態で食ってきますので、フッキングをしっかり入れることが大事です。
またサヨリは稚魚の数cmから30cmぐらいまで成長しますので喰われているサヨリにルアーのサイズを合わせた方が反応が良いです。
サヨリパターンのシンペン
バスデイ(Bassday) S.P.M

by カエレバ

もともとジップベイツから販売されていたS.P.Mがバスデイへ移籍しました。
大きなふらふらではなく微波動なシンキングペンシルです。
サヨリが泳ぎ方を観察するとスー、スーとまっすぐ前に進むように動いて止まります。
S.P.Mを小刻みにダートさせた後に止まった姿勢がサヨリの動きにそっくりでほかのルアーには反応なくてもS.P.Mには反応することがよくあります。
サイズは55mm,75mm,90mmとサヨリのサイズに合わせることもできます。
サヨリパターン番外編
シンキングペンシルではなくミノーですが
アピア(APIA)のラムタラ(LAMMTARRA)

by カエレバ

15cmを超える大型のサヨリの時に抜群にいい反応を引き出すことができます。
ドリフトをすることをメインに作られていますので、上記のようなストップ&ゴーやトゥイッチ後のストップなどでも微妙に動いています。
その動きが水中を漂う弱ったサヨリの動きを演出してシーバスが反応してしまいます。
サイズは130mmですがS.P.Mに比べやや太めで、15cm以上のサヨリが喰われている状態でも反応させることができます。
18gと20gのBADELが選択可能ですがサヨリパターンでは、18gのフローティングがおすすめです。
カラーはTOKUMEIホワイトが好みでよく利用しています。
この二つは水中姿勢がきれいで反応がいいですのでぜひ使ってみてもらいたいです。

③イカパターン

イカパターンはシーバスの活性が高くミノーや様々なシンキングペンシルで釣ることが可能です。
瀬戸内海ではチーイカ(ベイカ、ミズイカ)と呼ばれる6〜10cmくらいの小さいイカが群をなして行動することがあり、その時はマッチベイトさせるためにメバル用のペンシルを使うと反応よく釣れます。
スミス(SMITH) メバペンマグナム(MEBAPEN magnum)

68mmでメバル用ですが、シーバスがかかっても大丈夫なようなフックセッティングになっています。
小刻みなロッドアクションにもタイトに反応しスイスイ泳ぐイカと追われて暴れるイカをアピールすることができます。

④表層には反応なく中層以下でバイブレーションに反応がない時

邪道(Ja-Do) ヨレヨレ(Yore Yore)

ヨレヨレは横への動きが大きいが何かやる気のないベイトのような動きでアピール力抜群です。
フォール時に名前の通りヨレヨレ落ちるアクションがリフト&フォールで食わせのタイミングを与えることができます。
あまり沈まないシンペンやバイブレーションなどと違うゆっくりとしたヨレヨレしたフォールがたまりません。
抜群の飛距離を生み出すので、おかっぱりからの遠投にももってこいです。
早巻きには対応できないがデッドスローから中速ぐらいまでよく動くので、レンジを探りやすいです。
今まで説明してきたシンキングペンシルとは一味違うシンキングペンシルです。
サイズは80mmとキビキビ動くミニの68mmがありますが、とりあえずは80cmのヨレヨレ感を試してもらいたいです。
アムズデザイン(ima) ハニートラップ(HONEY TRAP)

ヨレヨレではアピールが強すぎて口を使わない時に使用すると自然なゆらぎのスラロームアクションで口を使ってくれます。
この2つは大遠投ができるため、サーフでのシーバスやヒラメ釣りにも使いやすいです。
シャロー用のカルトラ(KARUTORA)もありますが、深いレンジを狙いたいなら普通のハニートラップがおすすめです。

⑤バチ抜けパターン

瀬戸内海ではあまり激しくありませんが
関東や関西ではゴカイイソメのようなバチと呼ばれる細い虫が春に産卵のために水面に大量に発生することがあります。
この状態では魚などをほとんど捕食しないためマッチザベイトするためにスリムなタイプのシンキングペンシルがおすすめです。
バチ抜け専用設計 ジャクソン(jackson) にょろにょろ(Nyoro Nyoro)

超極細の棒状シンキングペンシルです。
ただ巻きでバチがゆらゆら泳いでいるようなスイム姿勢がバクバクバチを捕食しているシーバスに口を使わせることができます。
ボイルがボコボコ出ている時はボイルの動きを見ながら出そうな所を予測して投げてただ巻きで狙いながら引いたり、追従するシーバスなどにはトゥイッチなどでダートをさせリアクションを誘ったりと、使い勝手も良いです。
にょろにょろはサイズが60mm,85mm,105mm,125mmと選べるのでその地域のバチのサイズに合わせるように使うのがベスト。
65mmはメバリングにも使えます。
にょろにょろで釣れない時はおとなしくワームに変更して釣ることも考えたいです。

⑥しまなみ海道・瀬戸内海万能シンキングペンシル

マングローブスタジオ(Mangrove Studio) マリブ(MARiB)
私の超1軍定番ルアーです。
ナイトシーバスではトップウォーターでは反応せず、中層でも反応しない時があります。
シンキングペンシルの使いにくさの巻き抵抗の低さを改善し、リトリーブ時に感じる引き抵抗が高いです。
引き抵抗はアップしているが、様々な環境で通したいレンジをキープできます。
水面直下をゆっくり巻いたりスピードを変えて巻くことができます。
ナチュラルな揺れがシーバスを誘いスレにくく同じマリブで同じカラーでずっと釣れ続けることもあります。
タックルボックスには必ず1軍でとりあえず最初に投げるルアーです。
水面直下を引ける軽いシンキングペンシルですが飛行姿勢が安定しキャスト飛距離は抜群です。
サイズは68mm、78mm、92mmの3サイズが用意されている。
サイズの違いは形そのまま大きくなっているだけでなくスイム姿勢などを追及され少しずつ形が違います。
68mmと78mmは水面直下から1m以内を安定してリトリーブできます。
水面を飛び出したり、巻き抵抗で潜りすぎたりせず狙ったレンジをリトリーブできる点が魅力です。
92mmは1mから少し下のレンジを安定してリトリーブできベイトサイズと狙いたいレンジで使い分けることができます。
カラーも様々用意されていますが、私はオレンジパールバックがお気に入りでボロボロになっても使っています。
シンキングペンシルは非常に使いやすくミノーで釣れない時にも使えるので是非複数使ってみてもらいたいと思います。
ここまでシンキングペンシルのおすすめを紹介しましたが、あくまでの個人の意見ですので、参考にしてもらえると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました