シーバスルアー清掃とおすすめルアー

シーバス

2018年1月31日
最近の夜になると風が強くなったり雪が降ったりと毎日が釣り日和な私ですが、
風が強すぎると流石にアタリも取りにくくなるので釣りに出動していません。
そんな中シーバスルアーの巻物系の清掃を行いました。
海で使ってほっておくとすぐにフックが錆びてしまうので清掃しました。
その中の1例です。
シーバスルアー1.JPG
しまなみ海道でシーバスを釣っていますが、私の大好きなルアーの一つが左下に写っている
スカジットデザインズハイドシャロー(HIDE SHALLOW)です。
リップレスミノーで、表層から1mくらいの層までリトリーブスピードで広範囲に探れるフローティングミノー(シャローランナー)です。
小刻みなウォブリングとローリングが魚を引き付けて、
潮のヨレに入った時にただ巻きをしていてもイレギュラーに横にスライドしてシーバスにリアクションバイトを誘います。
トゥイッチなどのアクションを入れなくても自然にただ巻きをするだけでパターンにハマるとボコボコ釣れますので1軍ルアーボックスに1個は入れることをおすすめします。
私がシーバス釣りにはまった原因の一つとして小沼正弥さんの釣り動画をみてめちゃくちゃ面白いと思ったのがきっかけでもあります。
そのオヌマンさんが監修したルアーでかなりの数のシーバスを釣ってきたので思い入れもあるルアーでカラーもいっぱい持っています。
その影響で1軍のシーバスロッドはエバーグリーンのポセイドンゼファー、ストリームマスターを使っています。
瀬戸内海の速い流れの中でのイレギュラーアクションがマッチしますのでぜひ使ってみてほしいルアーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました