腹パンメバルを求めて

2018年1月20日 夜8時開始 気温8度
デカメバルを求めて少し遠出してきました。
潮位が低いため、潮の速い桟橋から開始。
同じポイントにはエサ釣り(たぶん砂虫系)とサビキの人が一人ずついました。
表層にはメバルの姿は確認できませんでしたので3gの重たいジグヘッドで開始。
潮下では3gでも浮いてしまうので桟橋真下からフリーで落として潮の流れでドリフトしながら狙ってみましたが全く反応ありません。
潮上へのロングキャストで底をたたいても反応ありません。
目標を鯛へと変更し4gジグヘッドで沖を探りますがこれも反応なし。
プラグへ変更して底中心に探るとチームメンバーに当たりが…
ガシラ2.jpeg
おなじみのガシラです。
今回もヒットルアーはゴッツンバイブです。
ゴッツンバイブは波動が大きくアピールが強いです。
その後も色んな所を探りましたが、メバルは釣れませんでした。
エサ釣りの人は10cm以下ぐらいのサイズを2.3匹釣っていました。
思い切ってポイントを変更
潮位が低いときにだけ出てくるテトラへ移動しました。
351606C7-9E20-47FE-8C01-3FC2123A107B.jpeg
普段は水中なので海藻などが付き滑りやすく普通の靴では歩けませんが、
AB14CE64-837A-4373-A3B3-D25AE18EA142.jpeg
そんなときの強い味方のモンベルのリバーシブルグリッパーを装着し、すいすい広範囲にランガンを開始。
潮はそんなに速くないので1.3gぐらいでゆっくりボトムを探りました。
私のロッドには全くあたりませんが、チームメンバーのロッドにガツン。
かなりいい引きをみせてくれていました。
腹パンメバル.jpeg
ついに腹パンメバル(目測24~25cm)
ボトムをジグヘッドで叩いていたら潮のヨレているところで当たったとのこと。
子持ちなのですぐにリリースしました。
私も潮の切れ目などを狙っていきますが、全くと言っていいほどあたりません。
その後チームメンバーにもあたりなく、島中の桟橋をランガンしても釣れずに涙の帰宅。
渋い日が続いていますが近々リベンジをしたいと思います。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました