冬の釣りの服装(ウェア) レイヤリング ベースレイヤー編

釣り好きには季節なんて関係ない。
むしろ時期によって釣れる魚が違うから年中釣りに行きたい。
暑い日も寒い日も晴れの日も雨の日も!
935635CF-93C8-4E98-8837-1333FF905B83.jpeg
この寒い時期の釣りは風が強い日も多く、気候のいい瀬戸内でも気温がマイナスになる時があり防寒が大事になってきます。
しかし、いっぱい着すぎるとロッドが振りにくいし、動いた時は汗をかき、止まると汗が冷え風邪を引いてしまいます。
そんな時に、登山で追求されているレイヤリングを取り入れることで、暖かいのに汗などの湿気は外に逃がしてくれることができますので快適で風邪を引きにくいです。
さらに少ない枚数の服で防寒できるので身軽でロッドを長い時間振っても疲れません。
レイヤリングとは重ね着という意味で、
上着、中間着、下着を上手に合わせる事で、快適で暖かいのを実現できます。
レイヤリングウェアの部位の紹介と
価格帯ごとのおすすめのセッティングを紹介したいと思います。

スポンサーリンク



まずはベースレイヤーといって下着のことです。
下着は肌に直接触れる部分ですので、着心地も大事ですが、体の熱が奪われないようにするには汗などの湿気をすぐに吸収して乾燥させてくれていつもサラサラでいることが大事になってきます。
冬には汗をかかないと思っていても人間は呼吸をするように自然に汗をかくのでベースレイヤーを乾きにくいものを選んでしまうと自然にかく汗でさえも逃せずに体温が低下してしまい。体力を奪ってしまいます。
オフショアジギングなどで青物とバトルしますと冬でも汗をかきますがそれを早く乾燥させないとバトル後は大量に熱を失ってしまうことになります。
ユニクロのヒートテックは汗によって熱を発生させて暖かくて安くていいですが、水分を乾燥させるスピードにはポリエステル系の化学繊維に比べるとやや劣ります。
あまり動かない釣りを冬にするという人は、メリノウールというかなり保温性に優れ柔らかい触感の生地がおすすめとなります。
私は広いフィールドをランガンすることがありますのでポリエステルの生地で速乾性の高いものを選ぶようにしています。
エサ釣りや動きの少ない暖かさ重視の方おすすめベースレイヤーは
① mont-bell モンベル スーパーメリノウールM.W

他の登山系ブランドでは1万位する中で5000円台の高いコストパフォーマンスを持っています。安心のジャパンブランドです。3タイプの厚さが選べることができ、薄い順にL.W、M.W、EXPがありますがEXPは冬季登山用なので釣りには、M.Wぐらいがおすすめです。
②smartwool スマートウール メリノ250ベースレイヤークルー

肌触りと保温性が抜群に高く汗をかいても臭くなりにくいです。
ランガンの人におすすめのベースレイヤーは
① mont-bell モンベル ジオラインM.W

3,000円台とかなりの高コストパフォーマンスです。ヒートテックにプラス1,000円くらい足すだけで購入可能です。
② THE NORTH FACE ノースフェイス ロングスリーブ ウォームクルー

ポリエステル81%とハイブリッド型で暖かさと速乾性を両立しています。
釣り方に合わせて変えるのが理想ですが私はジオラインを多用しています。
ぜひお試しください。
次回はミッドレイヤーを紹介します。
ミッドレイヤー編へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました