ドリフト釣法 巻かないメバリング その3

そんな中巻かないドリフト釣法をすることで釣果が爆発的に伸びる場合があります。
まずは桟橋周りのロープや鎖の位置を確認します。
そしてあえて桟橋に乗らず手前の波止や陸地に立ちます。
陸から.png
そして流速に合わせるのですがとりあえず1.5gぐらいのジグヘッドを潮上方向へ斜めにキャストします。着水後すぐにラインスラッグのみ回収し斜めにカーブフォールします。
ラインスラッグ.png
その際ロッドは立ててジグヘッドとラインのテンションだけを意識します。流速が早すぎてテンションを維持できないときはジグヘッドの重さを上げるか、ラインスラッグが出る量だけリトリーブしてテンションを維持します。
テンションを維持.png
潮の流れでボトムに着くことはあまりないので、テンション抜けや当たりがあればおおよそバイトしているので、しっかりフッキングをします。リトリーブしていませんので全くラインスラッグがないわけではないので、魚まで届くようにフッキングしないとかからない時がありますので注意が必要です。
当たりがない場合は潮下に流れていますので回収します。

スポンサーリンク



ジグヘッドの重さで釣る層が変更できるし、キャストの飛距離で前後方向すべて探れるのでかなりの広範囲のメバルを探ることができますので、バイトに巡り合う可能性が広がります。ほとんどルアーを動かさないため、魚へのプレッシャーが少なくスレにくいので釣れるときは、爆釣が長く続きます。
また、テンションだけに意識を集中すればいいので、潮が緩んでいるところ、速いところがテンションで分かってきますのでその境目に魚がついていることが分かって釣りの腕が上がってくるのがわかってきた気がします。
特に桟橋ではなく下の図のようなところでは潮が緩んだり逆向いたりするので、キャストしながら情報を掴んで絞っていくことができるようになると思いますのでぜひ挑戦してみてください。
逆向き.png
私は感度が高い少しハリのあるロッドでおこなう方が、あたりが出やすいと思います。
タックルの紹介もしていますので参照してください。
おすすめタックルセッティング PEライン
evergreen POSEIDON Salty Sensation PSSS-76T
おすすめタックルセッティング PINKY
THIRTY34FOUR Advancement SBR-64

コメント

タイトルとURLをコピーしました