ドリフト釣法 巻かないメバリング その1

しまなみ海道では島と島の間隔が狭いため、潮の満ち引きの時に川のような流れが発生します。
大きな海と比べるとその速度は全く違い、大潮の満ち潮の時などは海に落ちると流されて泳ぎが得意な人でも2度と同じ場所へ帰ってこれないくらい早いです。
2馬力ボートなどではパワーが打ち勝てず流されてしまいます。
そんな中でも魚は元気で流されてくる、プランクトンや魚を捕食していますので、ルアーを流しながら釣ることで、釣果を上げることができます。
激流の釣りの経験がない県外ナンバーの人が全く釣れない理由も、そこにあると思います。
その人たちの釣りを説明しながら、メバリングを中心にドリフト釣法を解説していきたいと思います。エギングでも特に釣果が変化しますのでまた解説したいと思います。

スポンサーリンク



まず、経験のない人、めったにしまなみ海道に釣りに来ない人は、ポイントも分からないので有名な桟橋に集まってきているのをよく見ます。桟橋から下を覗くと多くのメバルが見つかりますのでつけているジグヘッドにワームを付けて潮下(潮が流れていく方向)にキャストします。
潮下.png
激流の釣りをしたことのない人の一般的な1~2gのジグヘッドではルアーに抵抗がかかりどれだけフォール時間を待ってもルアーは浮いてしまっている状況になっています。浮いてしまっている状況でリトリーブしても表層しか引けませんので、メバルにかなり食い気が立っている時にしか釣ることができませんし、なかなかそういうのに遭遇することはできません。
潮下矢状面.png
潮下で釣りをするなら、4g以上のジグヘッドでフリーに落とすぐらいでないと表層以外を探ることはかなり困難になりますし、メバルはかなりの確率で潮上(潮が流れてくる方向)を向いていますのでルアーを見る時間が長くなってしまうので、追っては来るけど食わない状況が続いてしまって結局はスレて釣れなくなってしまいます。
そんな釣人を何人も近くで見ています。
次に潮上へのキャストを解説します。
ドリフト釣法 その2へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました